にんにく玉ゴールド 自律神経

にんにく玉で自律神経のバランスを調節。

にんにく玉で自律神経を調節!

にんにく玉

にんにく玉の効能には「パニック障害」や
「うつ」「不眠」などの症状が改善したとの
報告が多数あります。

 

なぜ、にんにく玉でこれらの症状が改善してしまうのか?

 

それは、にんにく玉に含まれるアリシンと
ビタミンB1が結合した成分「アリチアミン」
には鎮静作用があるためです。

 

ビタミンB1が不足するとどうなるか?

 

倦怠感や疲労感、かっけ、パニック障害、
うつ、記憶力低下、心機能不全などの
症状が表れます。

 

「それじゃあ、ビタミンB1をたくさん取れば
いいんじゃない?」

 

そう思うかもしれません。確かに、ビタミンB1には
自律神経の調節機能を改善する効果はあります。

 

しかし、自律神経の病気で悩む方は、
ビタミンB1が正しく消費できていないのです。
なのでたくさん取ったところでほとんど尿として
排出されてしまうのです。

 

にんにく玉

なるべく、ビタミンB1を体内で活躍させる
ことが必要なのですが、ただ摂取しただけでは
尿として排出されてしまうのです。

 

そこで、にんにく玉の成分「アリシン」の登場です。

 

「アリシン」はにんにくのにおいの元でもあります。

 

これは、ビタミンB1と結びつくと「アリチアミン」になります。

 

この「アリチアミン」の効能がすごいんです!
対外へ排出されにくい特徴を持ち、
興奮状態を抑制します。副交感神経の切り替え
をスムーズしてくれる成分で、睡眠を誘う効果があるのです。

 

さらに、アリチアミンには血液の循環をよくする効果もあり、
体がぽかぽかしたような状態になります。にんにく料理を
食べたあとは眠くなることがありますが、これは血行が
良くなり、興奮状態を落ち着かせ鎮静されるからです。

 

にんにくに含まれるミラクル成分として注目されています。
にんにく玉はニオイはきついですがこのニオイが
本物のアリシンがたっぷり含まれるニオイなのです。

 

チェックまとめ

 

チェックアリシンはビタミンB1と結びついて体内でアリチアミンになる!

 

チェックビタミンB1はすぐに排出されてしまうが、アリチアミンは排出されない!

 

チェックアリチアミンは尿として排出されず、体内にとどまって
   興奮状態を精神を落ち着かせる作用がある!

 

チェックその結果、パニック障害やうつ、不眠などの自律神経の病気が改善される!

 

管理人のにんにく玉体験

チェック

にんにく玉を寝る前に飲んでみたのですが、
かなりぐっすり眠れるんです!

 

睡眠中は夢を見なくなりましたし、朝起きたときに
「よく寝た〜!」って感じがものすごくあります!

 

ストレスもあまり感じなくなりましたね。
私はパニック障害もちでもなければうつ
の症状などは感じたことはありませんでしたが、
不眠症には悩んでいました^^;

 

パニック障害やうつが治ったとの報告がありますが、
本当みたいですね。私もにんにく玉で不眠症が治りました。

 

2ヶ月くらい飲んだら改善したんです。
まさに、にんにく玉さまさまって感じです!

 

ストレスを抱えている方にもオススメですよ!

 

矢印

ボタン